薬剤師パートの求人先:クリニック



薬剤師パート求人の勤務先としては、調剤薬局、ドラッグストア、病院といったものが頭に思い浮かびますが、クリニックにおいても薬剤師の需要があります。

医薬分業が進んでいるとはいえ、医師がいれば、その監督下で薬剤師がいなくても調剤はできるため、規模の小さいクリニックでは薬剤師がいないことが一般的だったのですが、近年、クリニックでも薬剤師の求人を行なうところが見られるようになっています。

クリニックにおいては、医師の監督下とはいえ、薬のピッキングをパートの方が行なっていることも多いので、患者さんが不安に感じることもあり、そういった不安を払拭するために薬剤師を雇用しようとするクリニックの意向もあります。

院外処方にした方が効率的では、という意見もありますが、クリニックの中で薬を渡される事に安心感を覚える患者さんも多いという事実も少なからず影響していると言えるでしょう。

只、クリニックで働く事に対して、「せっかく薬剤師の資格を取ったのにもったいない」という意見が、ご家族から挙がるケースもあります。給与面で見ると、大きな病院やドラッグストア、調剤薬局に比べると、クリニックは若干低いケースが見られます。

ですが、薬剤師の立場からすれば、クリニックで勤務することのメリットとして、大きく2点ほど挙げられます。

1点目は、クリニックの場合、比較的患者さんが固定化されることが多いため、患者さんとのコミュニケーションがより密接に取れるという点があります。患者さんとの距離が近くなるので、やり甲斐をよりリアルに感じる事ができるのではないでしょうか。

2点目は、勤務形態が安定しているという点です。クリニックの場合、基本的に当直もありませんし、休日出勤もまずありません。家庭の事情で決まった時間しか働けない、という薬剤師の方にはこの点は大きな魅力と言えるでしょう。

クリニックのように求人数が少ない職種を探す場合は、薬剤師専門の転職支援サイト等を利用することをお勧めします。非公開の求人情報等も保有しており、あなたの希望する条件にあった求人情報を、専任のコンサルタントが探してくれるでしょう。

漢方薬剤師の業務内容とは

通常、薬剤師は薬局で、医師の処方箋に基づいて薬を処方します。多くの場合、処方する薬は俗にいう西洋薬で、西洋医学に基づいて作られたものになります。西洋薬は効果も大きいのですが、それだけ体への負担もあり、場合によっては副作用によって患者さんが苦しむことになります。

そうした西洋医学へのカウンターとして東洋医学が存在し、直接薬で病根を叩くのではなく、人間の自己回復能力を重視し、それを助けるために漢方薬を処方して、体の内側からゆっくりと治していくという考え方になります。

漢方薬は、自然に由来するもの(薬草や木の皮、鉱物など)を乾燥させ、粉末にして配合したもので、化学的な配合を行っている西洋薬とは製造法からして異なります。

薬剤師の研修過程でも、漢方薬や東洋医学について学ぶことになっていますが、漢方薬剤師はその専門性をさらに特化させたもので、漢方薬を用いた東洋医学のスペシャリストとして活躍することになります。

漢方と取り扱う薬剤師には、「漢方薬・生薬認定薬剤師制度」というものがあり、(財)日本薬剤師研修センターと日本生薬学会による研修を受けて、合格し認定をされれば「漢方薬・生薬認定薬剤師」を名乗ることができます。

これが漢方薬剤師なのです。3年ごとの更新がありますので、常に漢方薬の知識を吸収する姿勢が必要となります。

この資格は元となる薬剤師と違い、国家資格ではありません。あくまで、財団法人が認定している民間資格なのですが、業界内での認知度、評価は高く、活躍が期待されます。通常の薬局以外にも、漢方薬を専門にした漢方薬局も存在していて、漢方薬局では漢方薬剤師の本領が発揮できます。

東洋医学は漢方薬を用いて、それだけで治すという考えではありません。体の自然治癒力を生み出すために、日常生活のスタイルや運動、食生活など多岐にわたって総合的に指導を行いながら、徐々に回復させていくものです。

従いまして、単に薬の知識だけではなく、人間の健康に関する総合的な理解が求められることになり、患者さんの体調を適切に把握することが必要になります。

漢方に特化した求人はまだあまりなく、漢方薬局においても通常の西洋薬の処方も行いながら、漢方薬を出すことになります。まだ、大きな市場ではない分、今後が期待できる分野であり、やりがいも大きいといえます。

薬局薬剤師と病院薬剤師の違い

薬剤師の活躍場所は多岐にわたります。通常イメージされる薬局や病院のほかにも、学校や製薬会社、食品会社、さらには治験会社、地方自治体など就職の際の選択肢は数多く存在しています。

しかし、実際に勤務している薬剤師の約50%は薬局で、約20%は病院という実態があり、この2つが大きな就職先といえるでしょう。ここでは、両者で働く薬剤師の仕事内容の違いについて解説します。

薬局薬剤師は病院で医師から処方された処方箋に基づいて薬を提供します。昔は、病院での「院内処方」が多かったのですが、「医薬分業」の流れから、薬の処方については外部の薬局で、専門の薬剤師が担当するようになっています(院内処方が全くなくなったというわけではありません)。

つまり、薬局での処方は実際の医療行為とは離れて、薬の処方のみに専念できるようになったのであり、以前よりも、その患者さんのほかの薬との飲み合わせや体質、アレルギーなどを総合的に勘案できる時間と余裕が与えられ、より患者さんの回復に寄与できるようになったのです。

もちろん、患者さんと話していて、この処方でよいのかなどの疑問が出た場合は、速やかに処方箋を出した医師に連絡を取って指示を仰ぎます。こうした連携も薬局薬剤師には求められています。

一方、病院薬剤師の仕事はどうでしょうか。薬局薬剤師が外来の患者さんへの薬を担当するものに対して、病院薬剤師は、主に入院している患者さんへの薬の処方を担当します。当然ながら、入院している人は症状が重いわけですので、扱う薬も特別なものもあり、その効果に比例して副作用が大きいものもあります。

病院薬剤師単独の判断で薬を決めることはまずありませんので、医師や看護師などと連携を取りながら、チーム体制でその患者さんの治療に適した薬を探していくことになります。そのほかにも、病院内での製薬管理や、薬物の品質試験、院内感染症対策など、薬局では行うことのない業務も担うことがあります。

実際に苦しんでいる患者さんと向き合う時間も大きく、つらい場面に遭遇することもあるかもしれませんが、患者さんが回復した時の喜びは格別なものになります。やりがいという意味ではほかでは得られない業務だと思います。

どちらが自分に向いているのか、よく考えたうえで、ご自身の就職先を判断されるとよいでしょう。

ページの先頭へ