製薬会社勤務薬剤師の仕事内容とは

製薬会社勤務の薬剤師というと「薬の研究・開発でもしているの?」と思われがちですが、実際に研究職に就ける薬剤師の割合は非常に低く、研究に携わっているのは大学院を修了した極一部の薬剤師のみとなっています。

また、薬を研究開発する研究職には、薬剤師免許を持たなくとも、特定の大学院を修了した優秀な人材であれば就業することができます。 では、製薬会社に勤務する薬剤師の多くは、具体的にどのような業務を行っているのでしょうか?

製薬会社の求人案件で最も多いのが「MR」です。MRは「医薬情報担当者」を指し、自社製品に関する品質や安全性、有効性といった情報を、医療現場の医師や薬剤師に提供するのが主な業務です。

以前は、MRは「プロパー」と呼ばれており、いわゆる営業マンとして認識されています。しかし、1993年以降、プロパーからMRへ名称が変更され、営業の役目は製薬卸に属するMS(医薬品卸業者の営業)にゆだねられ、MRは薬物治療アドバイザーという新たな位置づけを得ることとなりました。

製薬会社の薬剤師は、MRの他には薬事業務を担当するケースが見られます。薬事業務として、新薬に関する文書作成や、官公庁・関係当局との折衝・承認申請、医薬品開発のプラン作成などを一手に引き受ける職種も存在します。

また、臨床試験後の市販後調査(臨床試験をクリアした医薬品が、医療現場で実際に使用された後の調査)や、学術を担当する部署なども存在しますが、その専門性の高さから、求人数が非常に少ない傾向にあります。

製薬会社へ就職・転職した場合の給与は、一般イメージ的には高いと思われるのではないでしょうか?確かに、優秀なMRの場合は年収1000万円以上も可能と言われ、実力があり、仕事に打ち込むことができれば、高い収入を得ることが可能です。

但し、MR以外の内勤勤務の薬剤師の場合は、病院や調剤薬局勤務と比較しても、決して高い給与ではありません。初年度の年収は300~350万円が相場と言われているため、むしろ低い水準と言えるでしょう。

とはいえ、製薬会社は福利厚生が整ったところが多く、昇給・賞与も基準に則してしっかりと行われるところが大半なので、生涯賃金は病院や調剤薬局よりも高水準になるケースが目立ちます。

ページの先頭へ