助産師の適正とは

助産師にあっている適正の方とは、どんなタイプの人でしょう。 小さな生命の誕生という奇跡的な場面に立ち会うということで、子供が好きな人や親切な人が助産師に向いていると思われるのではないでしょうか。

それらの要素ももちろん否定するわけではありませんが、出産はいいことだけではないという現実も受け止められる人が助産師に向いています。 経過が順調だったはずなのに、事故などで母子の命が危険にさらされたり、健康な状態で生まれてこられなかったりなど、順調な出産ばかりではないからです。

赤ちゃんが好きなやさしい心を持っていることは、確かに助産師にとって大切なことですが、出産は大変な出来事なので、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても命がけの側面があります。

助産師は、体力勝負の仕事でもあります。 陣痛が始まってから出産するまで何時間もかかりますし、生まれるタイミングがあらかじめ分かるわけではないので緊張状態が続きます。

一人の妊婦さんの出産を無事に終えたと思ったら、別の妊婦さんの陣痛が立て続けに始まるという日もあります。 1日に何人も出産が重なることがありますので、そんなときは体力が限界に達することもあるでしょう。

出産は時間に関係なく、24時間365日いつでも対応しなければならないので、助産師も日勤と夜勤のシフトがあり、生活リズムが一定ではありません。 そのことも体力に差し支える原因になるので、助産師にとって体力があることは大事な適正です。

妊婦さんは病院の産婦人科などのお世話になりますが、病院に通っているからといって病人ではありません。 胎児に悪影響を及ぼしていないかなど妊娠中は体調を気遣うものなので、精神的に繊細になって当たり前な時期です。

助産師は産婦人科医とは異なり、出産の前後もやさしくサポートすることまで仕事に含まれています。 不安がっていれば、専門知識で適切なアドバイスをするだけでなく、不安要素を取り除いてあげることもしていきます。 そういったことができる性格の温かさも、助産師には求められます。

ページの先頭へ