薬剤師の転職先(高収入の職場編)

薬剤師の方で、東京や大阪といった大都市圏で勤務されている皆さんは、薄々感じておられるかもしれませんが、日本の主要な大都市における薬剤師の数は飽和状態に近づいています。加えて、コスト削減の為に人件費を削減する傾向にあります。

薬剤師の平均年収を都道府県別に見てみると、それが如実に表れています。 大阪・東京の場合、年収452万円~470万円、福岡は年収483万円と、いずれも年収500万円を切っているのに対し、岩手県・岐阜県は年収約570万円で、なんと100万円近くの差があります。

原因としては、都市圏では飽和状態の薬剤師の数が、地方では絶対的に不足しているということが考えられます。医薬分業の浸透が地方で遅れていることも原因の一つです。

迫りくる超高齢化社会に備えて、国も在宅医療の推進を図っています。自宅や施設で患者さんや高齢の方が医療措置を受けるため、地方で働く薬剤師の需要が非常に高まっています。

地方の薬剤師求人情報を見ると、年収600万、700万という数字が目に飛び込んできます。同じ薬剤師として働くのであれば、少しでも高収入の職場で勤務したいのは至極当然のことです。

高いのは収入だけではありません。地方の調剤薬局は、研修制度の整備や社宅と言った福利厚生面での待遇充実も謳っています。自己のスキルアップという観点からも、メリットは大きいと言えます。

また地方の場合、物価や家賃等も都市圏に比較して低いため、結果的に支出も少なくなり、より経済面でのメリットが大きくなります。それだけではなく、地方で働く事により、薬剤師不足で苦労している地元の病院、患者さんに対して大きな貢献ができると言う「やり甲斐」にもつながります。

地方での勤務ということに、若干不安や不便さを感じる方もいるかもしれませんが、地方で働く薬剤師の需要は非常に高まっています。薬剤師専門の求人サイトでは、そういった情報も豊富に扱っていますので、一度活用されることをお勧めします。

ページの先頭へ